事務所案内

    ご 挨 拶

 

 

 谷口行政書士事務所のホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。

代表の谷口誠良(たにぐち まさよし)と申します。

 

 私は大学を卒業して以来、金融機関に勤務してかれこれ39年余りになります。

60歳を間近に控えた頃から、これからの残りの人生をいかに生きるかずっと自問自答しておりました。

その時私が出した結論とは、ズバリ「地域社会との共創」という生き方ありました。

 

 自分の今までの知識や経験を活かし、地元堺・泉州・大阪の地域社会少しでもお役に立てる仕事に取り組み、皆さまひとりひとりのお悩み少しでも手助けをしていけたらという夢をずっと抱いておりました。

 銀行では平成11年以降その間法務・コンプライアンス部門に在籍し、「法律」を専門とした「行政書士」の将来性に大いに魅力を感じておりました。

いつしか60歳を過ぎた頃、「行政書士」になろうと決意し、平成30年度「行政書士試験」に無事合格することができました。

 

 「行政書士試験」があったその約2週間後に『2025年大阪・関西万博』開催決定の報を聞いた時、私は「時は今。千載一遇のまたとない機会。必ず行政書士」になって、自分夢を実現させよう!」と強く心にました。

 

 銀行で培った実務経験を最大限に活かしつつ、地元の皆さまに信頼され、愛される「街の法律家」を目指し、令和元年5月に地元堺市北区において「谷口行政書士事務所」を開業いたしました。

 

 今や『人生100年』の時代。

皆さまからの「相続・遺言」のお悩み事について、お客さまひとりひとりの立場に寄り添い、より親切・丁寧に、かつスピーディに事案解決図って参りたいと考えています。

 

 また今後は2025年の「大阪・関西万博」開催に向け、

1つは、関西におけるビジネス機会と多様化が確実に増えてくるものと思われ、微力ながら法人ビジネスへの側面サポートをしていきたいと思います。

銀行員プロキャリアの強み、他事務所の追従を許さない経験値の強さを活かし、「創業融資」のご相談なら、大所高所のあらゆる角度から全面的にサポートすることをお約束します。

 

2つ目は、多くの外国人の方々が訪日される中、入国・在留に絡む諸手続フォローができればと考えております。

 

 まずは当事務所にご連絡いただき、お悩み事等いろいろお話をお聞かせください。お待ち申し上げております。

 皆さまにきっとご満足いただけるよう、真心を込めてお手伝いさせてだきます。

       

                 行政書士 谷口 誠良