2019年「堺まつり」の大パレード、なかなか良かったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年10月19日(土)

第46回「堺まつりに行って参りました。

 

今年は仁徳天皇陵で有名な百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されたこともあり、例年になく盛大なイベントが催されました。

11時から堺シンボルロード(大小路筋)で行われる「大パレード」、オープン・セレモニーに続き、1000人の御祝隊が次々と入場です。

 

先ずは、「種子島火縄銃」による祝砲です。

一斉射撃と同時に、沿道中に轟音が響き渡り、超ド迫力満点!生まれて初めて目の前で鉄砲射撃を見ました。凄かったです。

 

私の母校の小学校が「音楽隊」としてパレード行進していました。偶然とは言え、とても懐かしかったです。私も学年鼓笛隊では「副指揮者」としてイベントの直前になると先頭に立って毎日練習していた日々を思い出しました。

 

堺の歴史を感じる「堺まつり」。年一回の堺市最大の一大「イベント」。

また来年も是非来てみたいなぁと感じたひと時でした。